水素水サーバー ピュア水素

製品の特徴

安心・安全な水

高性能フィルターで重金属や放射性物質などの不純物を99%以上除去して純水を生成します。

水素濃度が高い

当社の水素水サーバーで生成される水素水の溶存水素濃度は約1.0μmと高濃度です。


多彩な給水方式

水道管に分岐栓を取り付け給水する「水道給水方式」と「ガロンボトル給水方式」の両方に対応しております。

水素量が豊富

水素は時間と共に含有量が減っていきます。

アルミボトルやパウチ入りの製品も同様です。出来立てが最も水素量が豊富な状態です 。


水素水が出来るまで

STEP1 純水を生成

複数のフィルターで原水をろ過し、海水を淡水化する技術にも活用されている「RO膜(逆浸透膜)フィルター」で微細な不純物を除去し純水を生成。

RO膜のメカニズム

0.0001µmの微細な孔径により水分子より大きな物質を通しません

STEP2 水素を含ませる

フィルターでろ過した水を、水素発生装置内で「電気分解」して多量の水素を溶解。

STEP3 安心・安全な水素水を生成

さらに安心してお飲みいただく為に、カーボンフィルター(小)と紫外線ランプを通して水素水を生成します。


水素水生成方法による特徴

電気分解方式(ピュア水素)

様々なフィルターでろ過した水を直接、電気分解し水素を発生させた水に溶解させる。

 

【  メリット  】全国一定品質の水素水を生成

       飲みたい量だけ採水可能

【デメリット】サーバー導入に費用がかかる

圧力・曝気溶解方式

水素ガスを別途用意し、圧力や曝気(ぶくぶく)で水中に水素ガスを溶け込ませる。
 
【  メリット  】様々な原水に水素を溶解できる
【デメリット】物理的な溶解の為、水素の保存に

       難がある

化学反応方式

マグネシウム合金のスティックやタブレットを水につけ、化学反応で発生させた水素を水に
溶解する。 
【  メリット  】コップ一杯の水から生成可能
【デメリット】マグネシウムの過剰摂取による
       マグネシウム血症の懸念

天然採水方式

特殊な岩盤層を通過した地下水が日学的多くの水素を含むことがある。

 

【  メリット  】産地による差別化が図れる
【デメリット】他の方法に比べて水素濃度が

       1/10~1/100程度と薄い